フォト

Twitter

  • Twitter

2020年2月13日 (木)

2020.2.11 Riro生誕&引退ラストワンマン

2020年2月11日(火・祝)。
立春は過ぎてもまだ春というには肌寒い、祝日・建国記念日の夜は、恵比寿club aimで、Riro(@riro_s)の生誕&引退ラストワンマンを観てきました。

Imgp2203

*************************************************
盛大にして豪奢。

昼のワンマン前主催対バンのレザージャケット衣装からスカートだけ換装したスタイル、FiLSPACiA1期最終装備、真っ白ドレス、そして赤(ピンク?)ドレスと豪華4変化。

おなじみのLiSA曲、fripSide曲他に、初恋サイダーまで詰めこんだ、ボリューミーなセトリ。

FiLSPACiA1期メンバーのゲストサポートも大きかったにせよ、基本演者1人で概ね2時間、ファンいっぱいのフロアを息切れさせず、夢中にさせたまま駆け抜けきった真っ向勝負のステージが、なにしろ凄かった。

ここまでやってみせておいて、一体、誰が引退するんだよwwww

…と、いっそ笑い飛ばしてしまえたら、という思いも過ったけれど、終わりは必ず訪れるもの。

とはいえ、そこはRiro、ただで終わらせるわけがない。

アンコール、この期に及んで、なんと、自分作詞のオリジナル新曲「BEST DAY」を披露。
しかも、以前発表したやはり自分作詞のオリジナル曲「Resolution」とのカップリングCDまで後の物販で売るという。

Imgp2201

 

そして、本当の締めは。
異名の由縁。
期待していた、では、もはやない。
誰もが
「そうでなくてはいけない」
そう信じて疑わなかった、
「Rising Hope」。
待ってましたとばかりにフロアに満ちる歓声。リウムの赤い光。コール。
こうして。
小さくも大きな、一つの"伝説"を多くの人の心に刻み付けて。
誰からも愛された妖怪は、ステージを後にしたのだった。
Dsc_1357_lw01
*************************************************
キャラクター、という用語は、こと彼女に関しては、どうも軽佻浮薄な表現な気がしてしっくりこないのですが、かといって、人柄、という表現を使うのも何か違う気がする。
ただ、ぐだってすら愉快、なにか必ずやってくれる、血の通ったショーマンシップで観るものを引き付けて止まない、というのはまさしく天賦の才だと思います。
音楽は一区切りとしても、何か大きく化けさせる余地はどこかに必ずあるんじゃないかなぁ。
気付けばもう永く長くなった"乗りかかった船”。
何処に連れていかれるのか知らんけど、ずっと傍にいろ、と言われる限り、もうしばらく付き合うとするよ、Riro助。

2016年7月31日 (日)

[お詫び] 本日のAni☆女子会 Vol.50のレポはございません。

既にTwitterでは配信しましたが、どうも夏風邪でもひいたらしく、現場で咳きこんで、演者さまにご迷惑をかける可能性を否定できない状況のため、本日Ani☆女子会 Vol.50の参加は自重させていただきます。

節目の回、断腸の思いですが、ステージの主役にお邪魔になっては本末転倒でありますので…誠に申し訳ございません。

何卒ご寛容賜りますようお願い申し上げます。

以上、取り急ぎ。

店主・狸幻堂 拝

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その21 「終わりに」

いろいろとサプライズもありましたが(笑)

上半期、五代目がしっかりと足場を作り、時ならぬ卒業以降も続く、大きな世代交代の現況を如実に示したオールスター祭になったと思います。

奇しくも本日が節目のVol.50、再来月には、5期終了、6期スタートも迫るというこの時期。

先々を占うという意味でも興味深く感じましたね。

関係されたすべての皆さまに改めて感謝を。

ありがとうございました。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その20 「hiRo副会長」

上半期のオールスターもいよいよ大詰め。

18人目・トリは、もちろんAni女子会5期副会長兼会長代行、hiRoさん(@gureteru16)。

Imgp1499

1曲目は、じっくり聴かせる、アニソンと言えば、の名曲の一つ、「魂のルフラン」からのスタートでした。

1曲目後、開口一番、「ヤダー!ジェラちの後とかヤダー!」…まぁ気持ちは分からなくもないですが。

気を取り直して。

「Ani☆女子会副会長、hiRoと申します。」「本日はAni女子会上半期オールスター祭、ということで、皆さま、お集まりいただきまして、満席ありがとうございます」

と執行部メンバーらしく、きちんと挨拶をしておりました。

…ま、"満席"はそういうことにしておきましょう!

Imgp1529

「特に話すことはないんですが」と続けたあたりは、hiRoさんらしいところですが、その後のMCでは、この日の髪は、14人目のRiroさんがセットしてくれたものだと明かしていました。

2曲目は、「となりの怪物くん」OPから「Q&Aリサイタル」。

お約束の場面のhiRoちゃんコール、見事に盛り上がってました。

「逃さないで♪」はセクシィ感たっぷりで、歓声が上がっていましたね。

Imgp1565

ラスト、3曲目は、ボカロ曲の定番の一つ、「千本桜」。

「オールスター祭最後ということで、みんなで盛り上がれたらいいなと思います!」

Imgp1576

最後、満場割れんばかりの掛け声で、上半期の締めに相応しい終わりとなっていましたよ。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その19 「<サプライズ>ジェラ・詠澤彼方さん」

さて、ここで、先ごろ、ライブ活動を卒業したAni☆女子会5代目会長、ジェラ・詠澤彼方さん(@jela254)が、突然ステージに。

誰もが、てっきり、今日はお客さんとして来ているんだと思っていたところに、予想外の展開。

場内騒然、驚きに包まれてましたが、そこは多くの人に愛された詠澤さん。

1曲だけのサプライズステージ、曲目は「オリオンをなぞる」。

会場もそこは手慣れたもので、瞬く間に会場をアツく盛り上げておりました。

会場は名残を惜しむ声で溢れていましたが、そこはCoolな五代目。

「応援に来ただけだから!」と颯爽とステージを後にしておりました。

※ステージ用の装備じゃないので、ということで、画像は不掲載であります。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その18 「Star*berry」

17組目は、豪奢豪快が身上の、パワフルなダンスヴォーカルユニット・Star*berryのお二人。

Imgp1195

今回は、和装風な衣装での登場です。

1曲目は、艦これのナンバーから「吹雪」。

豪快なダンスに目を引かれますが、ハーモニーの美しさも聞き逃してほしくないところですね。

続けての2曲目は、艦これとのコラボでも話題になった「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」の主要キャラ、タカオの曲「My Admiral」でありました。

Imgp1229

さらに休む間もなくの3曲目は、ちょっとしっとり目の「夏がやってくる」。

曲中MC、タイトルにちなんで「今年の夏やりたいことは?」と赤星優さん(@yu_a_sb)に聴かれた本条いつきさん(@Suzu_1tsuki)、「10年ぶりにプールに行きたい!」と答えていましたね(実はここでの質問はランダムだったとか)。

ここでは、和装部分のパーツを切り離してみせる演出も。

Imgp1239

中間の扇も巧みに使ってのパフォーマンスといい、"魅せる"構成は相変わらずです。

ラスト、4曲目は「恋の抑止力」。

Star*berryが初めてライブをした時に歌った曲のリベンジだとか。「当時よりもパワーアップさせて持ってきました!」というだけあって、迫力のあるステージとなっておりました。

Imgp1376

9月には、水樹奈々さん楽曲のオンリーライブも主催するとか。

活動の幅、さらに広げて欲しいものですね。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その17 「初乃葉ゆづのさん」

16人目は、Vol.49でベスト・オーディエンス賞を受賞した初乃葉ゆづのさん(@hatunoha)。

1曲目、自身大好きというアニメ「キルラキル」のOP「シリウス」からのスタート、休む間もなく続けての2曲目は、JAM Projectの「レスキューファイアー」でした。

前2曲の曲紹介をした後、「それにしても…ライブって最高ですね」と会場に語りかけた初乃葉さん。

本業がお忙しい方だそうなんですが、「こういうライブで、歌って、女の子の歌を聴いて、みんなで盛り上がってるのは、本当に最高のストレス発散になるんですよね」としみじみ話したのが印象的でした。

3曲目は、そこから「でも、やっぱり楽しかった後ってすごく寂しくないですか?そんな歌を歌います」とつなげて、モモーイこと桃井はるこさんの「ライブのあとはさみしいな」。

情感豊かな曲を穏やかに歌い上げていましたね。折り目切り目の表情の表現力が素晴らしいと思いました。気持ちが入ってる感が伝わってきましたね。

受賞したベストオーディエンス賞は「私の力じゃなくて、盛り上げてくれた皆さんとの賞だと思います」と語った初乃葉さん。

「思い出の曲なので、これをやっぱり歌いたいと思います」という、ラスト、4曲目は再びこれ以上なく盛り上がれるボカロ曲、「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」でありました。

突き抜ける高音の透明感と伸びが小気味いいパワーシンガー。

持てるポテンシャルをおおらかに、大きく伸ばしていって欲しい、そう願います。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その15 「Riroさん」

14人目は、Vol.49でベストニューフェイス賞、ベストパフォーマンス賞のW受賞をはたした期待の新星・Riroさん(@riro_s)。

 

【ここにRiroの画像があったよ・1】

 

1曲目は、ボカロの名曲から「ブラックロックシューター」でした。

 

1曲目後、「私は、巷で有名な、しゃべると残念系女子ですので、MCを短くしていこうかな、と思ってますので、あまりしゃべらせないようにしてもらってもいいですか、ね?」と、いかにもしゃべりたそうに話したRiroさん。

 

今回のセットリストは、一つはあらかじめ決めていたそうなんですが、残りは凄く迷ったそうで結果「音楽プレイヤーをシュッとやってぴっとやったところが、この曲と次の曲だった」とか。

 

その2曲目は、戦姫絶唱シンフォギアから「Synchrogazer」でした。

 

【ここにRiroの画像があったよ・2】

 

ラスト、3曲目は、この日着ていたパーカーの背中をに背負ったマクロス7の劇中バンド・FIRE BOMBERの楽曲から「突撃ラブハート」。

 

7は知らないけどマクロスフロンティアを知ってるという人には「まず7を見てください!バサラ最高です!」と強烈にアピールしたRiroさん。

 

冒頭、あのお決まりのセリフ、「俺の歌を聴けぇ~~!!!」を絶叫して歌いだしました。

 

曲中には、マクロスつながりで、「夢のコラボ!」と言いつつ、前列にいたAlcyoneのお二人をステージに引っ張りだす場面も(一応、事前協議はあったそうですが)。

 

【ここにRiroの画像があったよ・3】

 

「バサラの熱血具合がみんなに伝わればいいかなあ、と思って持ってきました!伝わったでしょうか?!」という問いかけには、会場から大きな歓声が返っていました。

 

いるだけで、座がぱっと明るくなる、というか、そういう才能に愛された方だなあ、と思いましたね。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その14 「まみあや」

13組目は、初参戦のVol.46でベストニューフェイス賞受賞のまみあや(@mamiyan_ayaya)のお二人。

Imgp0767

早速の1曲目は、ミルキィホームズのナンバーから「それはTOYS」でありました。

今回が3回目の出演という、まみあやのお二人。

ちょっと聴いてみたいことがある、ということで、1曲目後にアンケートを行いました。

お題は「今日私たちを見る前に、もう既に(You Tube他で)私たちを見たことがありますか?」というもの。

残念ながら初めて、という人も何人かいたんですが、「いつか全員が知ってるよってなるといいなと思います」と話していました。

今回は、いつものふわふわな感じはやめて、ちょっと調子に乗って、パーフェクトヒューマンみたいな感じのをやろうと、選んできました、というお二人(一人は知らなかったようですが)。

カッコいい感じで、という2曲目は、ラブライブ!楽曲から「微熱からMystery」でした。

告知のコーナー、掲げたスケッチブックについて「実はちゃんと毎回衣装とかにあわせて絵とか変えてるんですよ」と話したお二人。

Imgp0825

ラスト3曲目に行く前に、突然、まみさんからあやさんに言いたいことがあると言い出しました。

「みんなうすうす思ってるんですけど…喋らな過ぎじゃない?」
「はあ?そんなことないし!」

不穏な空気の中、ここで曲が。

Imgp0823

セリフも交えつつ歌いだしたのは「ずるいよMagnetic today」。

そういう演出だったんですね。

びっくりしましたが、とても練ったステージ構成でありました。

Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その13 「ショコラッチェさん」

12人目は、歌うおもちゃ箱でおなじみ、創設以来、ベストインパクト賞の女王の名をほしいままにするショコラッチェさん(@sugi_ta_2)。

Imgp0714

今回は、アンケート結果に基づいて、自身大好きという特撮セットリストでありました。

1曲目は、珍しくハンドマイクを持っての「忍風戦隊ハリケンジャー」。

ナレーションまで再現するなど、力が入ってましたね。

Imgp0631

2曲目「海賊戦隊ゴーカイジャー」からは、いつものヘッドセットに装備を換装。

「光るものをもっていたら青でお願いします。みんなの海が見たい」というセリフが粋だと思いましたね。

クライマックス、「みんな青いものは持ったかー!持ってないやつはこぶしを上げろー!」という煽りも最高でした。

踊りまーす、という3曲目は「キズナ~ゴーバスターズ!」。

声に合わせるとわからなくなるので、ということで、原曲キーで(キツそうでしたが)頑張ってましたね。

Imgp0711

ラストは「特撮セトリといったらやっぱりこれはもってこないといけない!」という「侍戦隊シンケンジャー」。

忍者で始まり、侍で終わる流れ、終始、キンブレを文字通りのカタナがわりにしての大熱演。

アツいライブが好きな向きには堪えられないステージでしたね。

«Ani☆女子会2016上半期オールスター祭 その12 「おざわゆきさん」

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ