フォト

Twitter

  • Twitter

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

外神田7丁目の奇跡の中の方によるヴェルジェレポ。

写真付はやっぱ説得力が違うなぁ。

外神田7丁目の奇跡から、mixiのヴェルジェコミュ経由。

店舗紹介ページもご参考にどうぞ。

新オーナーさんがディメを好きで買い取ったらしい、というのは、なかなか素敵なお話ですね。

*****************************************************

土曜はあんなお天気だったのでさすがに行けませんでしたが、今夕は行ってきました!

黒板で確認できたハロウィン(というかパンプキン)メニューは、パンプキンのスープ(\580-)とカボチャのサラダ(\650-)。あと、アフタヌーンティーセットもどうにかできるっぽかったです。あたくしは行った時間が中途半端だったので頼みませんでしたが、10月いっぱいやってるようなので、行かれる方はオーダーしてみてはいかがでしょうか。

*****************************************************

10/29 23:05追記。

その後、mixiのヴェルジェコミュでコミュ主さんのコメント見て、酒をあまり飲まないあたくしは、限定カクテル「Trick or Treat」のことをすっかり忘れていたことに気づきました…。

アフタヌーンティーセットは+150円でスコーンとケーキがパンプキンヴァージョンになるということらしいです。あと、それとは別に、「今日のケーキ」でパンプキンのケーキが出ていた模様です。

次いってみよう、次 。(11/3・4)

土日全敗で早くも大ピンチ!

※店主的次週特別レース登録状況メモです。なお、あくまで登録状況ですので、除外その他の理由により実際には出走しない場合があります。→11/1追記:全馬出走確定です。

【土曜日】

◇アイルランドT[東京]…ムラマサノヨートー ※マイルならなんとかなりませんか…

◇カシオペアS[京都]…ヤマトマリオン ※もうだめなのかなぁ…

【日曜日】

◇アルゼンチン共和国杯[東京・GII]…ダンスアジョイ ※実際に出走するなら、次週では一番自信あり。このメンバーなら勝ち負けでしょ。

◇京洛S[京都]…マリンフェスタ ※典型的な夏娘さん。冷えてきてさて?

燃え…尽き…

燃え…尽き…

当初の予定どおり、アルデバランでドンちゃんからしっかり10点流しとけば少なくとも傷は浅くてすんだのにににっっっ!!!

追記:柴山さん、よりによって降着っすか…orz

着いちまった…

着いちまった…
い く ぜ 天 皇 賞 !

たのむぜ、エイシン、柴山さん。

2007年10月23日 (火)

都産貿問題、ついに読売入り。

突出したイベントに限って、で済めばむしろ上出来の部類。

BRAINSTORM経由。

 追記:ほぼ同内容が産経にも。

来るべきものが来た、という感じです。

さすがに、成人向十把ひとからげ、というわけではまだなさそうですが、今後、実態に気付き始めた都や管理者側の眼が厳しくなることは避けられないでしょうね。

萌え"の一般用語化や"ライトオタク"というカテゴライズの出現等が端的に示しているように、オタク・一般人の境界が曖昧になってしまった結果、かつて"聖域"であった場所(物理的なそれに限らず)にも、本来、そんな場所の存在さえ知らなかった人たちの目が届くようになってきています。『お互いに』望むことではなかったとはいえ。

同人誌の世界ももちろん例外ではありません。

オタクを取り巻く環境が大きく様変わりする中、今、真に求められるべきは、引くべきところは引いて、共存を模索することであろうと思います。

性や暴力のような過激なテーマを描くことの意味を否定はしないけれども、実りのない硬直した反発に固執した結果、同人誌即売会という表現の場そのものがスポイルされてしまっては、本末転倒以外のなにものでもありません。

今夏から、いわゆる"修正"の徹底を呼びかける話も出てはいましたが、事態の進展次第では、(非現実的なのは百も承知で)身分証明確認や、イベント内、あるいはイベントそのもの(同ジャンルで健全・成人向とで住み分ける)のゾーニング、といったことまで考える必要があるのではないでしょうか。

*****************************************************

ぶっちゃけ、都心を追い出された組が郊外に活路を求めた結果、良くも悪くも他愛のない、牧歌的なローカルオールジャンルなんかが、死なばもろともで連鎖的に巻き添えを食らう、なんてことになると困るわけですが。

2007年10月22日 (月)

次いってみよう、次。

行徳のイベントに顔出しした帰り、後楽園にWINS観戦に向かったんですが、大手町でなぜか三田線逆方向に乗って、観戦失敗。

で、どんな状況だったのかと、2ちゃんのドリジャスレ見に行ったら…

 み  ん  な  な  ん  て  潔  い  ん  だ

確信した。ドリジャファン(ステ子ファン?)に悪い人はいない。

*****************************************************

さて、来週は給料日を挟んで迎える天皇賞・秋他。

店主的に注目の馬たちの特別レース登録状況をメモ。

※あくまで登録状況ですので、除外その他の理由により実際には出走しない場合があります。→10/27追記、登録レース未出走馬は訂正線を入れました。

【土曜日】

◇紅葉特別[東京]…オリオンオンサイト

◇秋嶺S[東京]…インテレット・ムラマサノヨートー

◇三年坂特別[京都]…オリオンオンサイト

【日曜日】

◇高雄特別[東京]…デンコウミサイル・テンシノゴールド

◇神無月S[東京]…ヤマタケゴールデン

◇アルデバランS[京都]…サンライズキング・ドンクール・エイシンラージヒル・マーブルチーフ・ヤマトマリオン

◇天皇賞・秋[東京]…コスモバルク・フサイチパンドラ

GIは別格として、勝ちに行くのはアルデバランかな。サンちゃん流しにするか、ドンちゃん流しにするかが微妙だけど。

一応、土曜には重賞の武蔵野S、スワンSがありますが、どうもピンとくるヤツがいません。

2007年10月19日 (金)

都産貿での成人向同人誌頒布に暗雲?

関連情報のまとめ。

August Dojin Data Baseから、独り言以外の何か経由。

首都圏の同人誌読みには、俗に「都産貿」の通称で呼ばれる、東京都立産業貿易センター。

浜松町館・台東館とも、大田区のPioなどとともに、毎週末は多様な中小オンリーイベントが華やかに開かれているおなじみの場所ですが、これら二棟をはじめ、東京都立の施設でこの秋、にわかに同人イベントでの成人向同人誌頒布について風当たりが強まっている、という情報が流れているようです。

過去にもすわ規制強化か、なんて話は枚挙に暇がありませんでしたが、さすがにここまで具体的な話がでたケースはあまり記憶にありませんので、しばらく注視しておこうと思っております。

さすがに、いささか気が早い気もしますが、あくまで表現の自由の原理原則にこだわってミソもクソも玉砕するのか、エロ要素をパージして、多くを失うことになっても、"場"としての生き残りを図るのか、"戦後処理"まで見据えておく必要があるかもしれません。

2007年10月13日 (土)

本日の電脳コイル。

先週、録り貯めてた分を一気に消化したので、ようやくリアルタイムで視聴。

…話の核心がふんだんに入ってたので、並行録画しとけばよかったと激しく後悔。

クライマックス、フォーマットを強行する立方体マトン軍団とハイパーサッチー率いるキュウちゃん航空隊の、ソレスタルビーイングなんかメじゃない壮絶バトルを観て、

 テ ラ ホ ー ク ス か 

と思ったロートルオタはあたくしだけでよい。

ていうか、今時の若い者は知るまいの。ケケケ。(メガばあ風に

2007年10月11日 (木)

ふかさくえみ(霜風るみ)くん、モバイル・コミック大賞2007[作品賞]受賞、そしてさらに!

風邪引いたのでさっさと寝るつもりだったのだが、こんな大きな話が出ちまったら、更新しないわけにはいくまい。

*****************************************************

まずは、モバイル・コミック大賞2007[作品賞]受賞詳細をどうぞ。

モバイル・コミック大賞2007公式から、ふかさく(霜風)くん公式経由。

当店で大応援してる作家さんの一人で、マルラボが一段落した後、「どうぶつの森」のコミカライズで頑張ってきたふかさくくんに久々、大きなニュースです。

受賞対象作品は、水を動力に動くロボっ娘ちゃんのお話「HAPPY BIRD」。

もともとは2005年11月のコミティア新刊がベースで、話そのものは変わっていないそうなんですが、当該賞の規格に合うようにフルカラー化を含む体裁の大改修を施した…とのことであります。

最終選考評を斜め読みして、(中村コミティア代表の評がまだ未掲なので完全には言い切れませんが)漫画読みの色が強い人ほど評価が高く、そうでない人ほど評価が低い、というのが興味深いですね。

漫画作品としてでなく、純粋にモバイルコンテンツとしての価値に視点を置いてると思われる山口氏の評価が、つまるところ「バッサリ」だったのは、今後、具体的に仕事へとつながる発展性、という意味では厳しいのかなぁ…。

ただ、概ねどの方も指摘してる「手堅くまとまってる」というのは、「どなた様にも安心して読める」、という、ふかさく作品の身上でもあるわけで、そこらへんは兼ね合いが難しいところではあります。

あまり奇のてらいすぎて、本来の安心感がスポイルされても…ねぇ?

*****************************************************

コミティアに出られてた方(…といっても、最近は「咎狗」に行っちゃったきり、帰ってこられなくなっちゃいましたが)で、商用携帯コンテンツで成功してる例、といえば、ほづみりやさん関涼子さんのH・G・Lコンビによる「ぼくとわたしの恋愛事情」なんかがあります。

マンガではないけど、何か参考になれば。>私信

*****************************************************

さて、そんなふかさくくんですが、来月11月には、

芳文社のまんがホーム12月号に読切4コマ6P掲載

ということが決定したそうです。(芳文社公式にソースがないので、とりあえずふかさくくん公式TOPで)

ブログにもあるとおり、おまけでない4コマというのは確かに初めてなので、どんなものができてるのか、ちょっと楽しみです。

2007年10月 2日 (火)

声優さんのカメラってなんだろな?

ブログの写真から声優さんのデジカメ or ケータイを推定してみた。(10/1付)

えふすく日記 1stSeasonから。

世の中には、画像ファイルのいろいろなデータを解析できるExif Readerなるソフトがあるそうなんですが、今回、声優通のCC.F-SQUAREさんが考えたのは、声優さんのブログの掲載写真をそれにかけて、使ってるデジカメ(及びカメラ付きケータイ)の機種を推定してみよう、という企画。

なお、ご本人も書いておられるとおり、あくまで『推定』ですので注意。

結果を見ると、本デジカメ使いはあまりいない、というのと、docomoユーザーのSH率の高さは注目ですかね。でも、あたくしとおそろい(SH902i)の人はいないようでちょっとしょんぼり。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ