フォト

Twitter

  • Twitter

« Ani☆女子会 Vol.39 その11 「稲川友紀さん×川部真未さん」 | トップページ | Ani☆女子会 Vol.39 その13 「ひかるん会長」 »

2015年6月28日 (日)

Ani☆女子会 Vol.39 その12 「ぬこ部れいさん」

11人目は、今回初参加のぬこ部れいさん(@LeiNukobu)。

なんでも、保健所や動物愛護団体との協働で、何らかの理由から元の飼い主さんが手放さざるを得なくなったネコと、本当にネコが飼いたい里親希望者とを繋ぐ、ねこボランティアをされている方だそうで。

はたして、ステージ直前には、受付カウンターに、ネコの譲渡会(ネコの里親希望者への引き渡しイベント)の案内POPが立てられるなど、通常のライブステージとは一線を画す雰囲気。

てっきり、アコースティックな感じでステージをやるのかな…?とかそう思っていたら、とんでもなかった。

サテン地風な濃い青のフードつきのつなぎに、鈴付きの赤い首輪と白足袋、顔まで真っ白に塗って、つなぎの前を開いた内側には「譲渡会に行こう」と大きくマジックで書かれた白いTシャツ。

モチーフはどうみても(自主規制)というスタイルで、場内騒然。

今にして思えば、開会セレモニーのコマネチは、ただの伏線に過ぎなかったのか。

前半は「アニメじゃない」から始まって、「ノーザンクロス」「冒険でしょでしょ」、後半は「ヘミソフィア」「恋愛サーキュレーション」「射手座☆午後九時Don't be lat」と、硬軟取り混ぜてメドレー風に全6曲。

ステージせましどころか、ステージすら軽々飛び出して、縦横無尽に歌い踊る大熱演には、一同度肝を抜かれたといいますか、終始笑いっぱなしでありました。

言葉を重ねても伝わりにくいので、You Tubeの動画をリンクしておきましょうかね。

動画前編
動画後編

当然というか、ここまでやられちゃ仕方ないというか、後日、ベストパフォーマンス賞を受賞していました。

一方で、前後編の間には、(曰く「息が上がっていた」ところでの一休みもかねて)ねこボランティアのおかれている現状と活動紹介の動画上映も。

ステージとは一転、気持ちのこもったナレーションもあいまって、不覚にも涙ぐんでしまいそうに(演者さんにも何人かいたと聴きましたが)なりました。

ちょっと、というか、かなり異色ではありますが、趣味と志の実現を兼ねてのオリジナリティ溢れるボランティア活動。

今後も頑張っていって欲しいと切に願います。

*ご本人のブログのライブレポエントリは、こちら。ご参考まで。

« Ani☆女子会 Vol.39 その11 「稲川友紀さん×川部真未さん」 | トップページ | Ani☆女子会 Vol.39 その13 「ひかるん会長」 »

Ani☆女子会」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213359/61705845

この記事へのトラックバック一覧です: Ani☆女子会 Vol.39 その12 「ぬこ部れいさん」:

« Ani☆女子会 Vol.39 その11 「稲川友紀さん×川部真未さん」 | トップページ | Ani☆女子会 Vol.39 その13 「ひかるん会長」 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ