フォト

Twitter

  • Twitter

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

IDOL☆FLOWER -♯2-

さて。

最近あんまりやってませんでしたが、たまには、Ani☆女子会以外のライブの話も少ししておきましょうか。

26日の水曜日、Ani☆女子会と同じ、エムアンドクルー主催のIDOL☆FLOWER -♯2-に行っておりました。

アイドル系、と銘打っていますが、そこはエムアンドクルーの主催。

打ち曲とオタ芸が飛び交うようなカオス極まりないイベントになるはずもなく、時に激しくも聴かせるイベントになっていたと思いました。

実は前月の第1回にも行っているのですが、その時の4人から、演者数は倍の8人に。

前回も、山田莉世さん(@izumizumu)とりかねえこと前田梨花さん(@cure_Rika)がいましたが、今回も半分くらいはAni☆女でおなじみの面々。

ただ、Ani☆女子勢が安定な感じだった分、私の初見もしくはお久しぶりな方々の異彩がより目立った感じで、Ani☆女平日出張版とかそんな感じにもならなかったなぁ、という感じです。

以下、演者さん別一言(くらいの)感想。

1)かとうのたまきさん(@poyoyoyo_tamaki

一番手は、昨今、某アイドルイベントでも、筋トレ系アイドルとして活躍中のかとうのさんでしたが、慣れないトップバッターに戸惑った感じで、ちょーっと空回った印象。

山口百恵さんの「プレイバックPart2」は、かろうじて現役当時を見たことがあるロートルには懐かしかったですが。

2)岩永千乃さん(@yukisansn

今回唯一、初回からの連続参加という岩永さん。高三ながら、アコギの弾き語りをしっかりキメるあたり、将来性をうかがわせる子でしたが、ライブハウスでのライブはこれ以降控えるとのこと。オリジナルもよい感じなのに大変に残念です。

3)Star*berry 赤星優さん(@yu_a_sb)と本条いつきさん(@Suzu_1tsuki

揃い踏みは上半期オールスター以来。Ani☆女子会では、赤青の衣装でおなじみの二人ですが、今回はまた違うイベントということもあってか、赤星さんが白、本条さんが黒のモノトーン、といつもとは装いの違う衣装でのステージでした。でも、息の合った躍動

感あるコンビネーションは今回も変わらず健在。

4)光瑠さん(@fuuyandayoo

概ねいつものひかるんステージ。シンプルながら妖精風の衣装は、生来の美貌とスタイルのよさに実にあってましたね。

5)花音美燈さん(@KanonMito

アイドルじゃないんです。アーティストなんです!と力説してたのがすごくインパクトを感じた方。ロリータ風?のエレガントな衣装でしたが、立居ふるまいは、役者さんらしい役者さん、という印象でしたね。

6)保科まりさん(@mariusagi12

ベレー帽にピンクのジャンパースカート、大きなうさぎのぬいぐるみ(←トレードマークらしいのですが)。当日の気温も相まって秋を運んできた感のある雰囲気でしたが、今回唯一セットリスト3曲全てオリジナルを持ってきたすごい方。ルックスに違わない穏

やかな歌は品のある雰囲気たっぷりなものでしたね。

7)寿々木はるかさん(@HappyHaru0426

なんか直近のライブでは、衣装の関係で、なんで私その場にいなかったのという事故が多発したという一部情報もありましたが、そのためか、今回は、黒ベースにイメージカラーの紫が入った、はるかさんの正装的なドレスでの登場でした。安心できる衣装なのも

あってか、生き生き元気、客席に降りて一周してくるなんて場面もありましたね。

8)上野カエリさん(@KAERIueno)

精力的かつ多方面に活動しているカエリさんですが、私は3/1のAni☆女子会 Vol.36以来。当時は白一色のアイドル然とした衣装でしたが、今回は夏らしく、ショート丈の半袖Tシャツに黒のミニスカートというシンプルなスタイル。筋肉質なおなかをのぞかせ、長

身のスレンダーボディをフルに生かしたダンスは、ベリーダンサーとしての顔も持つだけに、明らかに格の違いを感じさせる悩殺感たっぷりなものでありました。

保科さんなんかをみてると、アイドル系、といっても、AKBやハロプロとかよりも前、80年代以前のクラシカルかつトラディショナルなアイドルを意識した方向性を考えてるのかな?とちょっと思いました。

諸々で会社を出るのが遅いことが多い私としては、開始19:30は大変ありがたいので、引き続きこんな時間でやっていっていただけたらありがたいところです。

Ani☆女子会 Vol.40 その17 「終わりに」

というわけで、今回のりげレポいかがだったでしょうか。

い、いちおう、今回は次回開催の1週間前にできたぞ!(震え声)

1ヶ月超えちゃったけどねorz

…言い訳の類はひとまずおくとして、下半期1発目のVol.40は、初参加勢多数で、また随分全体的な装いも新たになったなぁ、というのが総括になるでしょうか。

ワンスポットに留まらず、Vol.41へ継続参加される方も多くて、ひかるん会長以下、四代目執行部の代替わりを9月に控え、一足先にイベント自体の新陳代謝が先行している印象でした。

先行勢に、こうしたご新規さん勢や、大阪勢も加え、うまく化学反応を起こして、暮れに向け、また新しい空気が生まれてくれればいいな、と思っております。

あとは"五代目"会長さんの采配次第、かな?(とプレッシャーをかけてみるなど

*************************************************

ツイートでも書きましたが、Ani☆女子会がまた新たな地平へ至ろうとしている中、いろいろ各方面からご配慮もいただいた結果、りげレポ、次回Vol.41分からちょっとバージョンアップする予定です。

現地で見れば、何が変わったかということは一目で分かるはずです。

お楽しみに♪

Ani☆女子会 Vol.40 その16 「hiRoさん」

さて、いよいよ、トリは、開会セレモニーでもMCを務めた、Ani☆女子会4代目執行部副会長、hiRoさん(@gureteru16)。

真っ赤なワンショルダーに、同じく真っ赤なリボン、黒のスカート、という、この暑さにも負けない、情熱的なカラーリングの出で立ちでの登場でした。

曰く「珍しく4曲持ってきたので、ドンドンいきたいと思います」というセットリストは、

◇「消せない罪」

◇「奈落の花」

◇「ワールドイズマイン」

◇「オリオンをなぞる」

というラインナップ。

今回、4曲がっつり歌う中でのMC、ということで、なんとほぼ全部フリップをつかってのMC、というのが新機軸。

Twitterアカウントの紹介なんかで、補助的にフリップやスケブ使う人はあまり珍しくありませんが、しゃべらずにフリップだけで、なんとかしようとしたケースはあまり記憶になく、ひときわ異彩を放っておりましたね。

ラスト、得意の「オリオンをなぞる」では、観客勢も総立ちでの大盛り上がり。

会場と一体となってのパフォーマンスぶりには、後日、最優秀アーティスト賞が贈られておりました。

なお、hiRoさん、実は翌日27日がお誕生日だそう。「プレゼントは随時受付中」とのことですよ。

*ご本人のブログのライブレポエントリは、こちら。ご参考まで。

Ani☆女子会 Vol.40 その15 「ショコラッチェさん」

14人目は、毎回何か楽しめる工夫、ショコラッチェさん(@sugi_ta_2)。

今まで、いろんなパフォーマンスとともに、様々なコスチュームに挑戦してきたショコちゃんですが、今回はなんと、ピンクに緑の帯、もろ肌脱いだセクシー和装アレンジ!

登場時点で既に悩殺必至という状況でしたが、それだけでは当然終わらせないのが、ショコちゃんのショコちゃんたる所以。

はたして、1曲目、「輝夜の城で踊りたい」では、最近すっかり標準装備化しつつあるヘッドセットマイクを生かして、帯にさした扇を抜いて広げての大熱演。

曲中のセリフもしっかりこなしていましたね。

2曲目、「吉原ラメント」では、扇に替えて番傘でのパフォーマンス。曰く「これを歌うのに傘を使いたかった」といった通りの艶やかな振りで魅せていました。

「0に近い色気を出してみたよ」と照れながら語った問題の衣装、なんでも、高校の時の授業で着たもので、製作は、なんとお母様だとか。

「肩が出てる、こんなの着てたんだ…」と学生時代を懐かしみながら、袖を通したと話していました。

また、ちょうどこの時期、子供に手足口病が流行っていた頃で、「発疹と鼻水、おかしいと思ったらすぐ病院へ」と話していたのも、子供を守る最前線の保育士さんらしくて印象に残りましたね。

ラスト、3曲目は、これで盛り上がらないわけがない「千本桜」。

全力ステージで、今回も堂々のベストパフォーマンス賞を受賞していました。

*ご本人のブログのライブレポエントリは、こちら。ご参考まで。

Ani☆女子会 Vol.40 その14 「寿々木はるかさん」

13人目は、時に快活、時に艶やかに魅せる、寿々木はるかさん(@HappyHaru0426)。

白地にイメージカラーの紫の花模様の浴衣姿での登場でした。

隅田川の花火大会、カップルの女の子の浴衣がかわいかった、なんて話もしてましたが、涼し気な柄の浴衣のはるるんは、雰囲気たっぷり。

その雰囲気どおりに「今日はしっとりいきます」と語ったセットリストは、

◇「staple stable」

◇「夏恋模様」

◇「風待ちジェット」

の3曲でした。

MCで、好きな人はカードキャプターさくらの雪兎さん、また、Mr.Childrenのファッション、というか、タイトなTシャツの細身の人が好き、と語っていた、はるかさん。

ラスト、3曲目の「風待ちジェット」は、初の試みとして、スタンドマイクを仕様。伸びやかな坂本真綾さんのナンバーを、素敵に歌い上げておりましたね。

Ani☆女子会 Vol.40 その13 「ジェラさん」

12人目は、先日、公式サイト開設、"詠澤彼方"名も復活したジェラさん(@jela025)。

ロックな雰囲気の黒のジャケットに、イメージカラー・緑のふわふわミニスカート、カラフルなストライプのニーソという、なんとも不思議な取り合わせの衣装での登場でした。

そもそもパンツルックが多いジェラち、「珍しくスカート穿いたんだよ!」というと、場内からは「オー!」というどよめきが。

珍しいと言えば、今回はトレードマークのセルフレームのメガネをかけないでのステージで、またちょっといつもと雰囲気が違って見えましたね。

セットリストは、

◇「アイのシナリオ」

◇「CYCLE」

◇「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」

の3曲。

自己紹介、コールアンドレスポンスでなにかキャッチフレーズ的なものが欲しい、という話になったのですが、「ももクロが『週末ヒロイン』とか言ってるじゃないですか。でも、私、会社員で週末しか基本活動できないから、ふつーに"週末ヒロイン"ですよね…」という、なんともいえない流れになってしまっておりました。

とはいえ、歌の方は、元気も気合も全力全開。

わけても、ラストの「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」は、ライブ後しばらく、作業中に思わず口ずさんでしまうほど、耳に残っておりました。

そうそう、ジェラさん、7/14がお誕生日だったそう。プレゼント前後半年受け付けてるそうなので、祝いたい、という方は是非。

Ani☆女子会 Vol.40 その12 「前田梨花さん」

11人目は、りかねえの愛称でおなじみ、前田梨花さん(@cure_Rika)。

今回は、これが終わると8月の間はAni☆女子会がないから、と、夏らしく浴衣で登場。

赤字に白の可憐な花が浮かぶ浴衣に白い帯、と目にも鮮やかな衣装でありました。

浴衣に因んで、前日、モデルとして撮影で行った浅草からの帰り、向かいの電車で、その日行われた隅田川花火大会に向かう大勢の人をしり目に空いた電車で悠々帰宅したという話をしていましたね。

残念ながら、隅田川の花火大会は、見られなかったそうなのですが、代わりに(?)ご自宅から、越谷と思われる花火が遠目に見られたそうです。

セットリストは、

◇「星彩のRipieno」

◇「Alone」

◇「Grow Slowly」

の3曲。

この日は、あいにく、中耳炎を患っていらしたため、音が聞こえなくて、歌いにくい、ということで「歌いやすい曲を」という選曲にしたとか。

2曲目の「Alone」は、今でも大好きという「最遊記」のエンディング。

昨年のXmas祭のレポに「Ani☆女子で歌うのは3回目」という記録がありますので、これが4回目ということになりますかね。

以前、アニメイトで「最遊記」のイベントがあったそうなんですが、曰く「もう前の作品だし、ライバルいないだろうと思っていったら、いっぱいいてびっくりした」。

結果、手に入れた「三蔵法師御一行様」という掛け軸は「和室ということで」お嬢さんのお部屋に飾ってあるそうです。

ちなみに、今回の受賞で、ベストフォーカス賞はVol.37から4連続の単独受賞。

貫録とすら言えますね。

Ani☆女子会 Vol.40 その11 「光瑠さん」

10人目は、今回はここで登場、Ani☆女子会四代目会長、光瑠さん(@fuuyandayoo)。

丈の短いブルーのジャケットに、ベージュのふわふわのワンピース、というスタイルでの登場でした。

セットリストは、

◇「空色デイズ」

◇「世界は恋に落ちている」

◇「白い雪のプリンセスは」

の3曲。

2曲目、アニメ・アオハライドOP「世界は恋に落ちている」では、「(本当は)セリフがあるんですが、覚えてないんです…」と話したひかるん。

正確にいうと、前回、相方さんと歌ったそうなんですが、その時、自分のパート分しか覚えられなかったそうで。

「一人でやるとなんかきもちわるくなっちゃうんですよね…」。

また、アニメについては、双子のご兄弟と、撮りためたのを一緒に見ていたら、「お母さんに『邪魔!』と言われました…」という微笑ましいエピソードも披露してくれました。

開幕セレモニーの項でも書いた通り、この日は、出演前も仕事、さらに、出演後も仕事というハードスケジュール。

曰く「我ながらハードに詰め過ぎました…」とのことでしたが、ラスト、「白い雪のプリンセスは」では、「次の仕事頑張れるので!」と、パン、パパン、というリズムになるところでの、ひかるんコールをお願いしたりしていましたね。

Ani☆女子会 Vol.40 その10 「姉姉!」

9組目は、この日最後、4組目のユニット、姉姉!。

奇しくも、衣装が黒白の2人ユニット、というところまでは、CrazyDollと同じなのですが、ゴスロリ、ロリータ、という豪奢、絢爛なスタイルのCrazyDollと違い、こちらは、いたってシンプルなデザインのドレスで、実に対照的。

上が細かいドット模様、また、スカートの裾に一部シースルーの部分があり、内側から二人共通の紫のスカートがのぞく、あるいは、赤と白の花の頭飾り、と細部のアクセントで個性を出している印象でした。

セットリストは、1曲目が「革命デュアリズム」。

「ほんとなら自己紹介なんですが、声がカラカラなので、まだ声があったまっているうちにバラードを」という2曲目が、焼きたて!!ジャぱんのOP「ホウキ雲」。

3曲目、ラストは「ライオン」という構成となっておりました。

姉姉!というまた一風変わったユニット名は、4人姉妹の中の姉二人だから、とか。

実は、今回が初ライブ、「歌える声優になりたくて…でも、一人じゃ心細いので、姉もつれてきました」と話していましたが、やはりさすが姉妹、といいますか、ハモリがとてもキレイだったのが、とても印象に残っていますね。

そのせいか、今回、見事ベストヴォーカル賞を受賞していましたよ。

Ani☆女子会 Vol.40 その9 「poppoさん」

8人目は、一旦、ソロシンガーさんに戻って、poppoさん(@Po99P)。

私は、たまたま、Ani☆女の筋肉でおなじみ、かとうのたまきさん(@poyoyoyo_tamaki)出演の某社ライブに一緒に出ていて、わりともうおなじみなのですが、Ani☆女子会には今回が初参戦です。

2つ結わえのおさげに、半袖のブラウス、白のベスト、赤のチェックのスカートに黒のロングソックス、という、素朴な女子高生、といった雰囲気の衣装での登場でした。

「間がもたない~二人っていいな…」と直前の病萌乙女のお二人を見て話していたpoppoさんのセットリストは、

◇「残酷な天使のテーゼ」

◇「Shangri-La」

◇「Don't say "lazy"」

の3曲。

実は「3日前くらいから風邪ひいていて、声が枯れていて…」というpoppoさん。

そこで今回は「(そんな状態でも歌える)かっこよくて、みんな知っているにしました」とのことでした。

本調子でなかったのは残念でしたが、コンスタントに出演経験も積んでいる方だけあって、新規参戦の多かった今回Ani☆女ではベストニューフェイス賞を受賞。

次回以降は、きっと本来のポテンシャルを発揮してくれるでしょう。

冒頭にも書きましたが、なにか思わずほっとする、素朴純朴な雰囲気が持ち味だと思います。

Ani☆女子会 Vol.40 その8 「病萌乙女」

7組目は、モノトーンのCrazyDollから一転、暖色系のカラフル二人組のユニット、病萌乙女。

ちなみに、「病萌」と書いて「ヤンデレ」と読ませるのだそうですが。

本来は、4人のユニットなんだそうですが、今回は、雨宮氷織さん(@hiorirori)とてれぱさん(@terepa1226)のお二人での参戦。

てれぱさんは、胸前が白のオレンジ基調のドレスにミニハット、雨宮さんは、薄いブラウンのストライプのブラウスに、濃いブラウンのストライプのリボン、そして濃いブラウンのジャンパースカート、という衣装での登場でした。

衣装の色に違わず、といいますか、なんでも、お二人のうち、雨宮さんは、別に「ヒヨリータ=マシュマロッテ=ココア」という由緒正しいお名前を持つチョコレートの国の王女様だとか。

さらに今回、Ani☆女子会では、(設定上、チョコレートの国の年齢で)82歳、ということが、今回、初めて公開されました。

※設定です。あくまで。たぶん。

そんな、不思議な二人のセットリストは、

◇「Daring!!」

◇「Agape」

◇「スキキライキライ大スキ」

の3曲。

3曲目、二人が突如口論開始。

「私の飲み物飲んだでしょ!もうこんな気持ちで歌えない!」

「歌うのよ!」

「もう!ダイキライ!」

…という寸劇から、ラスト、petit miladyの「スキキライキライ大スキ」に繋いだ演出は見事でしたね。

ほんとは「これが最後の曲になります」「ええええええええ!」のあとにすぐ寸劇を続けるはずだったのが、失敗してやり直しになったのはご愛嬌。

なお、今回、ベストオーディエンス賞を受賞されていました。

Ani☆女子会 Vol.40 その7 「CrazyDoll」

続く6組目は、黒担当のてんてんさん(@cdtenten)と白担当のみくるさん(@swvlmHhJoJovizA)の二人組、CrazyDoll。

ゴシック・アンド・ロリータ、あるいは、ロリータでガチッと決めた、豪奢、ゴージャスといった表現の似合うユニットです。

てんてんさんは、ゴスロリドレス、ニーソ、ひじまでの手袋まで、全て漆黒に統一した衣装に、やはり黒の羽根とヴェールの飾りをつけた、金髪のロングヘアを右サイドにまとめて垂らしたスタイル。

首の大きな十字が輝くネックレスが特徴的でした。

一方のみくるさんは、肩にヴェール状の飾りのついたロリータのドレス、ロングブーツ、パーマのかかった明るい栗色の髪の羽根飾り、いずれも真っ白、という出で立ち。

胸に下げた金色のベルが、ワンポイント、アクセントになっていましたね。

セットリストは、

◇「シドニア」

◇「Wahrheit」

◇「Black † White」

の3曲。

もともと、横浜を中心に活動してきたユニットだそうで、このAni☆女子会が都内ライブ初進出だとか。

そのスタイルによく合ったセレクトで、全曲迫力のあるステージを披露してくれました。

ラストの「Black † White」は、やはり二人のカラーに合わせて、ということだったようですね。

個性がくっきり明確な分、ストレートにインパクトを感じる方々でした。

ベストドレッサー賞受賞というのも激しく納得です。

*ご本人方のブログのライブレポエントリは、こちら。ご参考まで。

Ani☆女子会 Vol.40 その6 「猫梟」

ここからはユニットが3組。

5組目は、まりんさん(@marinnasugawara)とたづねさん(@tadune_owl)の二人ユニット、猫梟。

ちょっと変わったユニット名ですが、まりんさんが猫担当、たづねさんがフクロウ担当、なので、二人合わせて猫梟、ということのようです。

とはいえ、別に二人は猫と梟のコスをしたりしているわけでもありません。

まりんさんは、半袖Yシャツに黒のベスト、グリーンのネクタイとグレーのパンツ、一方のたづねさんは、白の襟付き半袖ブラウスに黒のスカート、髪型はいずれもボブ、顔にそれぞれワンポイント、というモノトーン中心のスタイルでの登場でした。

セットリストは、

◇「革命デュアリズム」

◇「Just a game」

◇「放課後ストライド」

の3曲。

ラスト、「放課後ストライド」では、「私たち学生っぽくないですか?学園っぽい曲ということで選んでみました」と語り、「知ってたら叫んでほしいです」とも。

遡って、2曲目「Just a game」では、パートわけしたやりとりが印象に残っています。

なんでも、ともに声優の養成所に通っているのだそうですが、生ライブは今回が初、という二人。

「他の人にはないものを目指してやっていきます」と話していました。

はたして、今回はベストパフォーマンス賞を受賞していましたが、これからどんな個性を磨いていくのか?楽しみですね。

Ani☆女子会 Vol.40 その5 「本条いつきさん」

4人目は、本条いつきさん(@Suzu_1tsuki)。

いつもは、相方・赤星優さん(@yu_a_sb)とのユニット、「Star*berry」での参加、直近6月のオールスター祭もお二人での出演だったのですが、今回は赤星さんが故郷に帰ってしまった、ということで、ソロでの出演となりました。

そのためか、衣装もいつもの青いラメのまぶしいものではないソロ仕様。

白地に紫の花と細かい四角の模様を散りばめた浴衣の上を、まるまるはだけて腰にまとめ、上半身は黒のタンクトップ。手には大きなパステルグリーンのヴェール、という、大胆な着崩しアレンジ和装での登場でした。

セットリストは、

◇「ピストル」

◇「深い森」

◇「快楽カメリア」

の3曲。

浴衣、どうもほんとは普通に着る予定だったようなのですが、曰く「暑すぎて」まず片方脱いだところ、それでも暑くてどうしようもなく、いろいろ試してもダメなので、「仕方なく(上は)全部脱いだ」とのことでした。

2曲目、「穏やかに」と語った「深い森」では、間奏でヴェールを使った振りを見せる場面も。

ただ、「(もろ肌脱いだせいで)浴衣の裾がずり下がる」上に「ヴェールを踏んでしまう」というアクシデントもあったようで…。

3曲目、「Star*berryらしく終わりたいと思います」というラスト、「快楽カメリア」では、赤と金の扇を出して舞うような振りも披露。

なるほど、巧みな振りを効果的に駆使する、Star*berryらしい締めだなぁと感じたことでした。

Ani☆女子会 Vol.40 その4 「risaさん」

3人目は、1月のVol.35以来お久しぶりのrisaさん(@pancake115risa)。

白の縦じまのの襟なしシャツに紺のスカート、というシンプルなスタイルでの登場でした。

トレードマークのメガネは健在でしたが。

「前に出てから随分経ちます。皆さんをお借りしつつ頑張ります。声援をお願いします」と言って、「『声援』ってカタいですね」と苦笑する場面がありましたね。

セットリストは、

◇「本気ボンバー!」

◇「プラチナ」

◇「星間飛行」

の3曲。

1曲目は、自身子供のころから大好きというハロー!プロジェクト・Berryz工房のナンバーから。

今春、無期限の活動停止となった「Berryz工房」ですが思いは変わらず。

「夏に合う曲、と思って選びました」とはrisaさんの弁。

2曲目は、CCさくら、最終OP。「すごく力をもらえる、すごい好きな曲。皆さんにパワーを分けてあげられたら」と話していました。

3曲目、ラストはご存知、超時空アイドルソング。「キラッ☆がやりたい!と思って選びました」というrisaさんに合わせて、観客勢の多くからも、例の振りとともに「キラッ☆」というコールがかかっていましたね。

前回よりじっくり歌に集中してみよう、というスタンスは間違っていないと思うので、自力が出しやすいよう、余裕が出していければいいんじゃないかな?と思います。

Ani☆女子会 Vol.40 その3 「CURaGE!さん」

2人目は、今やスタッフのおねえさんとしてもすっかりおなじみ、偉大なる先代・三代目会長、CURaGE!さん(@Crageee_AMN)。

今回は、ほんとは別の方が出演される予定だったのですが、急遽代演という形での出演でした。

ロゴ入りの黒のワンピースというシンプルなスタイルで、「あついですねー!おばちゃんも元気でーす!」と、ざっくばらんに語ったCURaGE!さん。

セットリストは、緊急出演を感じさせない、

◇「ROCK-mode」

◇「ブラック★ロックシューター」

◇「小さきもの」

◇「say my naneの片想い」

の4曲。バラードも含む豪華版です。

ラスト、「say my naneの片想い」では、「みんなで踊ろう!」と、最後に両手でハートを作る振りを自ら指導する一幕も。

自身は、マイクスタンドを用意して「踊らない」と最初は言ってたんですが、歌ってるうちに結局、「邪魔だな!」と自らマイクスタンドをどけてしまうあたり、三代目らしい快(?)進撃でありました。

*************************************************

事情は窺い知ることはできませんが、どうか、お早いお帰りを。

CURaGE!さん、唐揚げあるよー!

続きを読む "Ani☆女子会 Vol.40 その3 「CURaGE!さん」" »

Ani☆女子会 Vol.40 その2 「一宮冴香さん」

さて、今回、Ani女下半期のトップバッターを務めたのは、Ani☆女子会初出演の一宮冴香さん。

白のワンピースに、緑と黒のショールを羽織ったスタイルでの登場でした。

ライブ自体、今回が2回目という一宮さん。「緊張する…ヤバい…」というのも無理のないところでしょうか。

セットリストは、

◇「青春ライン」

◇「君ノ記憶」

◇「変わらないもの」

の3曲。

ラスト、最近地上波TVでも放映されたアニメ「時をかける少女」の挿入歌、「変わらないもの」は、「夏らしい曲を選んでみました!」とか。

まだ19歳、福岡から、専門の学校に通うために上京した声優の卵さん。

歌える声優になりたい、その糧にしたい、とライブに挑んでいるとか。

よく通る声量豊かな声は、なるほど、その可能性を感じさせるものでしたね。

Ani☆女子会 Vol.40 その1 「はじめに」

上半期オールスター祭りから1ヶ月、7月26日は、レギュラー回に戻ったAni☆女子会のVol.40を観に、いつもの東中野 music shed YES!に行っておりました。

そこ、レポUpはそれからさらに1ヶ月とか言わない。

何気に、2015年Ani☆女子会も下半期突入。

ESDのアキバ無料ライブから流れてきたのですが、日中の都内移動はほんとうに尋常じゃない暑さダメージ。

さて、ステージも負けずに熱かったでしょうか?

*************************************************

開会セレモニーは、今回は、ひかるん会長が業務多忙で中途参加につき、hiRo副会長(@gureteru16)が担当。

セレモニー開始前から、流れてる音楽に合わせてノリノリのhiRoさん。曰く「ここでしか見られない」グレーのノースリーブに黒のスカート、という小ざっぱりした「サマーガール」風のスタイルでのMCでした。

注意事項、今回に限って「盛り上がって下さい」ってのが入ってましたな。

あ、そうそう、オールスター祭では人数過多で中止された、決めポーズは今回ちゃんと復活してましたよ。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ