フォト

Twitter

  • Twitter

« 2016年7月 | トップページ

2020年2月

2020年2月13日 (木)

2020.2.11 Riro生誕&引退ラストワンマン

2020年2月11日(火・祝)。
立春は過ぎてもまだ春というには肌寒い、祝日・建国記念日の夜は、恵比寿club aimで、Riro(@riro_s)の生誕&引退ラストワンマンを観てきました。

Imgp2203

*************************************************
盛大にして豪奢。

昼のワンマン前主催対バンのレザージャケット衣装からスカートだけ換装したスタイル、FiLSPACiA1期最終装備、真っ白ドレス、そして赤(ピンク?)ドレスと豪華4変化。

おなじみのLiSA曲、fripSide曲他に、初恋サイダーまで詰めこんだ、ボリューミーなセトリ。

FiLSPACiA1期メンバーのゲストサポートも大きかったにせよ、基本演者1人で概ね2時間、ファンいっぱいのフロアを息切れさせず、夢中にさせたまま駆け抜けきった真っ向勝負のステージが、なにしろ凄かった。

ここまでやってみせておいて、一体、誰が引退するんだよwwww

…と、いっそ笑い飛ばしてしまえたら、という思いも過ったけれど、終わりは必ず訪れるもの。

とはいえ、そこはRiro、ただで終わらせるわけがない。

アンコール、この期に及んで、なんと、自分作詞のオリジナル新曲「BEST DAY」を披露。
しかも、以前発表したやはり自分作詞のオリジナル曲「Resolution」とのカップリングCDまで後の物販で売るという。

Imgp2201

 

そして、本当の締めは。
異名の由縁。
期待していた、では、もはやない。
誰もが
「そうでなくてはいけない」
そう信じて疑わなかった、
「Rising Hope」。
待ってましたとばかりにフロアに満ちる歓声。リウムの赤い光。コール。
こうして。
小さくも大きな、一つの"伝説"を多くの人の心に刻み付けて。
誰からも愛された妖怪は、ステージを後にしたのだった。
Dsc_1357_lw01
*************************************************
キャラクター、という用語は、こと彼女に関しては、どうも軽佻浮薄な表現な気がしてしっくりこないのですが、かといって、人柄、という表現を使うのも何か違う気がする。
ただ、ぐだってすら愉快、なにか必ずやってくれる、血の通ったショーマンシップで観るものを引き付けて止まない、というのはまさしく天賦の才だと思います。
音楽は一区切りとしても、何か大きく化けさせる余地はどこかに必ずあるんじゃないかなぁ。
気付けばもう永く長くなった"乗りかかった船”。
何処に連れていかれるのか知らんけど、ずっと傍にいろ、と言われる限り、もうしばらく付き合うとするよ、Riro助。

« 2016年7月 | トップページ

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ