フォト

Twitter

  • Twitter

BabyPrincess

2015年7月26日 (日)

Ani☆女子会2015上半期オールスター祭 その10 「かとうのたまきさん」

9人目は、ご存知、Ani☆女子会きっての肉体派、かとうのたまきさん(@poyoyoyo_tamaki)。

上半期は、Vol.36 ベストパフォーマンス賞 Vol.35 ベストヴォーカル賞の2度の受賞です。

とはいえ、前回・にくじる歌劇団のように、今回も、ワンピースを着た女性らしい雰囲気なスタイルでの登場でした。

学校のお芝居の公演でやった役が、半身のみのキャラ、ということで、右手だけ筋肉が太くなって、身体全体のバランスも崩れて…と役作りに真剣に取り組んだ結果の悲劇を話していましたね。

セットリストは、

◇「フライングヒューマノイド」

◇「永遠」

◇「HANAJI」

の3曲。

今回のコンセプトは、曰く「私は好きなのに、みんな知らなかった、どマイナーな曲」。

1曲目は、アニメ「世紀末オカルト学園」のOP曲。かの、しょこたんこと中川翔子さんの歌なんですが、放映当時は「ちょうど周囲がアニメ見てない時期」ということでまわりは誰も知らなかったんだとか。

2曲目は、マクロスFで、ランカとともに、ヒロインとしてあまりにも有名なシェリル・ノームの曲なんですが、こちらは劇場版使用曲やイメージソングで構成された、シェリル・ノーム starring May'nのミニ・アルバム「ユニバーサル・バニー」にしか入ってない曲、とのこと。

3曲目は…マイナー?

曲が曲でもあり、サビのコールは大層盛り上がっておりました。

*ご本人のブログのライブレポエントリは、こちら。ご参考まで。

2008年3月30日 (日)

ヤー、マイシスター。

> これから一緒に――
> 夜桜を見よう。

イカ行かせていただきますっっ!!

2008年2月17日 (日)

ベビプリ姉妹日記blog、ヴァレンタインの総力戦!

pm11:30 秘密よ
pm10:30 宴の後
pm8:30 今日をありがとう
pm7:30 ハッピー・バレンタイン!
pm:7:05 遅くなったけど
pm:7:00 いよいよ――
pm6:00 全部やる。
pm5:30 待ち伏せ
pm4:30 テンパリング
pm3:30 じゃじゃーーん!
pm2:30 あててごらん?
pm1:30 ただいま
am12:30 寒気
am11:30 ちゅるちゅる
am10:30 お絵かき
am9:30 微熱
am8:30 ゲッ!
am7:30 特別の日

BabyPrincess公式から。

ネタの旬は過ぎた気がしますが(笑)

当日夜中、RSSリーダまわしたときは何事かと思いましたよ。

でも、テレビ・ラジオのそれとは違う、Webというメディア独自のリアルタイム感を最大限に生かした演出は、電撃のこの企画にかける、途方もない"(マジと読む)本気"を感じました。

>"なんだったら、私が一緒に行って――洗ってやろうか?"

よろしくお願いします、と思わずモニタに言ってしまった、あたくしは霙様の従僕。

2008年1月23日 (水)

あれ?カウンターなんかまわってる?

で、アク解見てみたら、

Access080122

おわーっ!

どうやら昨夜、カトゆーさんにベビプリの話を拾っていただいたようで…ちょっとびっくりです。カトゆー家断絶経由ではるばるお越しいただいた皆様、エントリや記事で拾っていただいた方、ありがとうございました。

*****************************************************

ロリータハッピーウィングな日々の中の方が示唆するとおり、個別には相互にコンフリクトする可能性もはらむ多種多様な属性を、"姉妹"という設定をキーに、ゆるやかに関係性を持たせることで、心地よく共存させ得る場、というのが、ベイビープリンセス、という企画の本質であるとするなら、早くもその兆しを見せはじめた、その"場"に引き寄せられようとしている大きなエネルギーは、きっと今年・2008年を象徴するような、うねりとなるに違いありません。

その意味で、今回、拙エントリに対する主ニュースとして取り上げられていた、「ベビプリリンク最強の真璃派blogから)」といった試みは、大事な役割を果たすことになるのでしょうね。

登録するかは別にして、当店のカテゴリにも「BabyPrincess」を追加してみました。とりあえず、楽しいことは「おどらにゃソンソン」、ということで。(笑

2008年1月21日 (月)

鉄オタ、恐るべし。

ここまでの論文が書きあがってしまうものなんですねぇ…。

Tokyo Complexから、Tentative Name.経由。

あの「シスタープリンセス」の"12人の妹"をすら凌駕する、突然降って湧いた19人姉妹、という破天荒極まりない電撃G'smagazineの新企画「Baby Princess」(公式から)。

その中の九女・麗が書いたとされる日記(同)が、鉄道マニアの方々の度肝を抜いた、ということで話題になっています。(参考:side=2のカーリア氏の記事

で、その日記の内容をつぶさに解析してみせているのが、冒頭のエントリ。

門外漢には内容の詳細こそピンときませんが、こういう無闇に教養があふれた(褒)テキストは大好きです。さすがはオタクの名跡、鉄オタ。

さすが、といえば、一歩間違えば個々のキャラの個性の底が浅くなって飽きられやすい、"記号デパート"系企画で、"ホンモノ"の方々の心をも動かさずにはおかない深い仕掛けを繰り出すG'smagazineも賞賛に値すると思いますね。

*****************************************************

19人(しかし多いな)の中で、店主的にお気に入りは、

◎ 霙様  ○ 蛍ちゃん  ▲ 綿雪たん  △ 吹雪たん  注 立夏たん

ですかね。シスプリが千影様、鞠絵ちゃん属性だったことを考えれば、嗜好はほぼ変わってない感じです。

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ